お腹やせしたい人がダイエットより先にやること

query_builder 2021/04/10
ブログ
onaka

こんばんは、tsunaguyogaです。 今日は「お腹」をテーマにしたヨガをオンラインクラスで行いました。みんなが引き締めたい「お腹」です。 ダイエットのためには筋トレやストレッチ、食事制限、、様々方法はあるでしょう。でも大切な事をひとつ。 お腹と脳は密接な関わりを持っているということ。

お腹とストレスの関係

お腹に思考が宿る?

古くから日本人は腹(ハラ)で物を考えるという事をしてきました。腹を立てる、腹をくくる、腹を割って話す、腹の内は見せられぬ、など…「腹」を使った言葉がたくさんありますね。このような言い回しからもお腹の奥底には、何か思考を行うような場所があると思いませんか?

丹田という場所

丹田

「丹田」という言葉を聞いたことがありますか?丹田は解剖学的にはそのような内臓や骨が身体の中にはありません。あくまで意識的に存在するものなのですが、古くから東洋医学や、ヨガ、気功、日本の武道では重きを置いています。

おへそから指4本分下(大体5センチ下に下がったところ)でお腹と背中の真ん中にあると言われています。

息を吐いていく時に下腹を強く吐き切って行くときに感じる部分と言えばわかりやすいでしょうか。

この丹田は女性の身体でいう子宮の位置と一致します。

さらに妊娠した時に赤ちゃんの頭の位置と丹田がまさしく一致するのです。

丹田と子宮

子宮の場所

丹田と胎児

丹田赤ちゃん

少しスピリチュアルな書き方をしてしまいましたが、お腹には脳と深い関わりがあると言われています。実際に、脳は腸から出来たと言われますし、ストレスが胃腸に来る方も多いと思います。ストレスを抱えやすい「お腹」を筋トレやエクササイズで鍛える前にしたい事はストレスの軽減、自律神経を整える事です。

丹田を意識する

丹田を意識しながら呼吸をしたり、優しく手のひらを当ててみたりしましょう。マッサージするのもよいです。吐く呼吸を吸う呼吸よりも長くすることで副交感神経を優位にしていきます。呼吸が安定してきたら、きついポーズは取らずにお腹の緊張を緩めるようなポーズを呼吸に合わせて取っていきます。意識するのは呼吸と丹田です。

やさしいヨガポーズ

丹田を意識したヨガポーズ

少し緩んだら、一度立ってみて、感覚の変化を感じていきます。ヨガを行う前に立ち、途中、何度か立っていきます。最初はふわふわした感覚から段々と、安定しているような、重心を感じるようになってきます。ポーズが深まるごとにその重心は下に下がっているように感じられ、ヨガの後には、足の裏をダイレクトに感じる事が出来ると思います。

丹田を意識することは土台の安定に繋がります。まさに丹田は体内の一番中心、重心と言われています。

ずっしりと力強い下半身とふんわりと軽い上半身の心地の良さ。

心に揺らぎはありませんし、とても安定しています。

身体が安定すると心も次第に安定していきます。


食事をするとき、なんとなく食べたい時、なんとなく飲みたい時、口さみしい時、心は定まっていないと思います。

腹で物を考えるように、心が決まっていれば、食べるものも自然と決まるし、必要なものがわかります。自分で選択する事ができます。

「なんとなく」もやっとする感情に気づいたら、まずは丹田を意識して深呼吸しましょう。お腹を緩めるヨガポーズを取り入れてみましょう。

無駄なながら食いが止み、お腹も自然と引き締まってくるでしょう。

NEW

  • 火曜日ヨガクラスの様子とグルテンフリーおやつ

    query_builder 2021/10/20
  • 北品川にある品川宿というゲストハウスさんにチラシを置かせてもらいました。

    query_builder 2021/10/13
  • 港区港南エリアでヨガ教室・無料体験レッスンを始めます。

    query_builder 2021/10/07
  • 辛いものは好きですか?港区港南ヨガ教室から。

    query_builder 2021/10/05
  • 週末朝のダイエット習慣を身につけよう。

    query_builder 2021/10/04

CATEGORY

ARCHIVE